「朗読の日」作品情報【奈良時代~江戸時代】

これまでの「朗読の日」で読まれた朗読作品を時代ごとに分けて公開いたします。
今回は奈良時代~江戸時代の作品です。
*原則として作家の生年順 回数蘭の空白は一回のみ
時 代作 品 名作  家回 数
奈良時代「万葉集」
平安時代「竹取物語」
「枕草子」清少納言
「源氏物語~末摘花」紫式部
「源氏物語~花の宴」
「源氏物語 ~御法」
「源氏物語 ~若紫」3
「源氏物語 ~六条御息所」2
「源氏物語 ~明石」2
「源氏物語 ~須磨」
「源氏物語 ~蓬生」
「源氏物語 ~葵」円地文子訳
「源氏物語 ~桐壺」瀬戸内寂聴訳
「源氏物語 ~総角」
「源氏物語 ~六条の御息所」
「女人源氏 ~若紫」
鎌倉時代「平家物語 ~忠度の都落ち・忠度の最後」
「平家物語 群読エチュード」
「平家物語 ~大原御幸、女院死去」
「宮尾本平家物語 ~ 玄武の巻」宮尾登美子(1926~2014)
「平家物語~小督」舘小登里脚色
「徒然草 ~ 猫また」吉田兼好(1283~1350)
室町時代「風姿花伝」世阿弥(1363~1443)
「御伽草子 ~はまぐり姫」
江戸時代「日本永代蔵 ~祈る印の神の折敷」井原西鶴(1642?~1693)
「ういろう売り」2
「曾根崎心中 ~徳兵衛 お初 道行」近松門左衛門(1653~1725)
「女殺油地獄」
「雨月物語 ~吉備津の窯」上田秋成(1734~1809)
「八犬伝 ~あわれ浜路」滝沢馬琴(1767~1848)

福田清人訳

「安愚楽鍋」仮名垣魯文(1829~1894)
「学問のすすめ」福沢諭吉(1835~1901)
「怪談 ~ 耳なし芳一」小泉八雲作・岡本さとる脚本
「耳なし芳一」小泉八雲(1850~1894)2
「雪女」3
「因果話」2
「お貞のはなし」
「和解」
「半蔀」内藤左衛門作・舘小登里脚色
「ガマの油売り」長井平助
「芝浜」古典落語
>

新規会員募集中!

当協会では、朗読を楽しみ、学びたい方への「朗読教室」や、朗読を教えたい方への「朗読講師養成講座」、さらに発表の場となる「朗読会・公演の開催」など、朗読を通じたさまざまな機会を設けています。
また、より多くの人に朗読を楽しんでいただくために、ボランティア活動への取り組みや全国朗読愛好家たちの交流に力を入れ、新たなネットワーク創出に尽力しています。
朗読を始めたい方、朗読の上達を目指す方、朗読を活用させたい方はもちろんのこと、忙しい毎日の中で少しでも時間を見つけられた方や仲間と共に何かをしたいと考えている方。 ぜひ一緒に、朗読を楽しみましょう。