オンライン朗読教室開講のお知らせ

2020年10月より「Zoom」を使ったオンライン朗読教室を開講いたします。

事前に使用するPCまたはスマートフォンへ、アプリのダウンロードが必要となります。
接続に不安がある場合は、接続方法などご案内いたしますので、事務室までお問い合わせください。

 

◆お申込み方法
応募フォームまたはメール(npo-rodoku@rodoku.org)でお申し込みください。

 

◆締め切り
開講日の10営業日前までにお申し込みください。
定員がある教室は先着順で定員に達し次第締め切ります。

 

◆開講教室
〇 飯島晶子オンライン朗読教室(グループレッスン)
「名作の冒頭とラストシーンを読む」
名文の語彙の豊富さとテンポの良さを、身体で感じましょう。
作家の人となりまた、時代背景にも触れていきます。
「声筋」トレーニングも取り入れ、声の元気も高めます。

日 程:第1・第3金曜日 13:00~14:45
全5回 1/15、2/5、2/19、3/5、3/19(最終日はZOOM朗読会)
受講料:15,000円

 

〇 飯島晶子オンライン朗読教室(個人レッスン)
日 程:毎週金曜日(レッスン時間45分)
開始時間は講師と相談の上決定します。単発、連続どちらでも可能です。
申し込み時に、ご希望の時間帯・頻度(単発、月1回など)・期間・開始希望日・レッスン内容などをご記入ください。
受講料:1回 3,000円

 

〇 河崎早春オンライン朗読教室(1回毎にお申し込みください)
既成概念にとらわれない新しい切り口で、朗読を考えていきます。
自分の朗読が、なかなか変わらないと思っているかたも、毎回参加していくうちに、自分の新しい課題がきっと見つかるでしょう。
毎回レッスンの最後は質疑応答の時間を取ります。
取り上げた作品だけでなく、日頃朗読について聞きたいと思っていたことなど、なんでもご質問ください。

(1)みんなが知っている「蜘蛛の糸」にトリビアがいっぱい!
日 程:2020年10月10日(土)13:00~15:00(※参加人数により終了時間が前後することがあります)
受講料:3,000円

(2)夏目漱石の奇妙な味の短編「モナリサ」
日 程:2020年11月8日(日)14:00~16;00(※参加人数により終了時間が前後することがあります)
受講料:3,000円

(3)クリスマスに向けたショートショート
日 程:2020年12月9日(水)10:00~12:00(※参加人数により終了時間が前後することがあります)
受講料:3,000円

(4)お正月らしいエッセイを読んでみましょう~五感を刺激して音色に変化を~

昭和の匂いのする浅草の懐かしいお正月。その風景の中には皮膚感覚や匂い、音など、五感を刺激するものがたくさん入っています。
風景を言葉で説明するのでなくて、身体の感覚として感じるところから表現していけるように挑戦してみてください。
下町のポンポンと歯切れのいいセリフとともに、繊細に風景を感じながら読んでみましょう。

日 程:2021年1月13日(水)10:00〜12:00(※参加人数により終了時間が前後することがあります)
受講料:3,000円

(5)文芸作品を読んでみましょう ~朗読のために文章をどう読み取るか~

今回は文芸作品を取り上げますが、長いので冒頭だけを読んでみましょう。
朗読するときに、どうしたら立体的に情景をイメージすることができるのか。イメージというのは漠然としたものではいけません。文章を推理するように細かく読み取っていきます。
そして表現する段階では何に神経を使ったらいいのか?テキストをもとに、具体的に読み取るくせをつけて行きましょう。

日 程:2021年2月10日(水)10:00〜12:00(※参加人数により終了時間が前後することがあります)
受講料:3,000円

(6)タイトル未定
日 程:2021年3月10日(水)10:00〜12:00(※参加人数により終了時間が前後することがあります)
受講料:3,000円

 

◆お申込みから受講までの流れはこちらをご覧ください。

 応募フォームはこちら  

>

新規会員募集中!

当協会では、朗読を楽しみ、学びたい方への「朗読教室」や、朗読を教えたい方への「朗読講師養成講座」、さらに発表の場となる「朗読会・公演の開催」など、朗読を通じたさまざまな機会を設けています。
また、より多くの人に朗読を楽しんでいただくために、ボランティア活動への取り組みや全国朗読愛好家たちの交流に力を入れ、新たなネットワーク創出に尽力しています。
朗読を始めたい方、朗読の上達を目指す方、朗読を活用させたい方はもちろんのこと、忙しい毎日の中で少しでも時間を見つけられた方や仲間と共に何かをしたいと考えている方。 ぜひ一緒に、朗読を楽しみましょう。